ionoi ENIGMA COAT

お待たせしました。

ionoi ENIGMA COAT Web Shopはこちら

昨日はデニムと合わせてみたのですが、今日はベロア素材のイージーパンツでコーディネートしてみました。

イージーな素材同士の合わせですが、スニーカーをレザーにしておけば、何かいい感じになりました。

このコートは着てみるとホント不思議な魅力がありますよ。

コーディネートし難いかと思えば、意外と守備範囲が広いし、防寒性が無いのかなと思えば、ビックリするぐらい暖かいし。良い意味で裏切られるアイテムです。

個人的には、パーカーを挟むスタイリングが良いと思います。

パーカーの色は何色でも良いです。グレーでも黒でも。あ、やっぱりパーカーは、おとなし目のカラーの方が良いですね。

このコートの特徴は何と言ってもこの大胆なカラーの切り返し。

そして、このポケットのデザインは、デザイナーさんの個性が出ています。このデザイナーさん、こういう形のポケット好きなんだと思います。

私も好きですよ、こういう機能性もしっかり確保しているデザイン。

私はポケットに手を入れる癖があるので、お洋服を仕入れる時は、ポケットの有無やデザインが異常なまでに気になります。

何故、気になるかと言うと、「ここにポケットあったら良いのに」「このポケット、使いにくい」と言うストレスは、購入後に気付いた場合、永遠にストレスに成るからです。

なので、展示会でもそれが気になればデザイナーさんに直接お伝えします。(偉そうにも)

でも、こういった要望に、各デザイナーさんは結構応えてくれます。私は店頭で接客をさせていただく中で、最終的にその商品を着て頂ける方の意見を、デザイナー(作り手)までお伝えするのも、一つのお役目だと思っています。

商品って、作り手→着る人までの一方通行ではなくて、それを気に入って着て頂いている方の意見や感想も、作り手にお伝えする双方向のコミュニケーションが合った方が、私は商品自体が成熟していくのでは無いかと考えています。

そう考えている人(ブランド)の商品を扱いたいっていうのもあります。

定番商品も毎年微妙に手を加え、進化(深化)させて行っているブランドが当店には多いです。発売直後にヒットする商品はお店運営にとって非常にありがたいものですが、それだけでなく、長い時間かけて成熟された商品をじっくりお伝えしていくのもセレクトショップの醍醐味だと思います。そういった商品はお店にとって宝ですね。

セレクトショップって専門店です。だから、やっぱり良い商品を提供したい。わざわざ安くない商品を買って頂けるお客様に価格以上の満足を感じて頂き、{得}をして欲しい。

今日のお昼ごはんも

何故、ご飯とお味噌汁の蓋が開いてないかと言うと、今日は一人でしたし、前にギャル系のお客さん達がいて、シャッター音反応されそうで緊張していたからです。

非常に美味しく頂きました。

最近、何が起こったのかお店が非常に賑やかになりました。ご来店いただく皆様、関わる全ての人に感謝です。こうしてお昼ごはんを食べてパワーを補充し、お昼からも全力で皆様と一緒にお店を楽しみたいと思います。

今日も”ありがとう”の気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする