【皆が幸せなお店って?】賑やかな週末に思うこと

一人ひとりのお客様との思い出が、お店の歴史を積上げていく

例えば、学生時代から通ってくれていて、今の旦那様とはもともと別々に来店されていて、それがいつからか二人のお付き合いが始まって…。

そして一人目の赤ちゃんが生まれて、その子を抱っこさせて貰った時に、何か涙が出て。そして二人目の赤ちゃんができ、三人目ができ、その家族みんなで来てくれるようになって、「3人の子供を育ててる親って、本当に凄い!」って感動したりして。

一番上の子が赤ちゃんからだんだん成長していって、どんどん女の子らしくなって、可愛くって。パパもママも人間として成長していって。

その月日の経過を、このお店で一緒に感じられて、とても幸せな気分になって。毎回帰る時の「バイバイ」が何かめっちゃ寂しかったりして。

例えば、たまたまイベントで出会い、当店の思いに共感してくれて。自分と凄くお洋服の趣味が合って、毎回ご提案するものを一緒に「良いですね!良いですね!」って心躍る時間を共有できて。

いつも、ここぞと言うタイミングで来てくれて。素敵なお買い物をしてくれて、超キュートな奥様と、いつもお店の事を大切に思ってくれて。

例えば、一生懸命バイトで貯めたお金を、自分の好きな世界に使って、若いのにちゃんと自分の管理をして。当店が発信している事に敏感に反応してくれて。将来の話しを聞く度に、「自分の息子もこれくらいの年に、彼くらいちゃんとしてくれてたら、最高やな」っと思ったりして。彼の親御さんの育て方が気になったりして。

自分の幸せは、今の生活の中に必ずある

いつもみんなに感謝していると、無いものねだりが無くなって、今ある幸せに目を向けられるようになる。

前のブログで書いたことがあるけど、全ての人は明日に何が起こるか解らない。その考えを、【お店】レベルに落とし込んだとしたら、今日、誰が来てくれるか解らない中で営業しているのだから、極論、毎日の出会いは奇跡みたいなものだろうと思う。

毎日、【出会い】と言う奇跡を起こしているのだと感謝する気持ちがあれば、やっぱり私は、今日、このドアを緊張しながら開けて、お店の中に入ってきてくれた全ての人がとても愛おしく思う。(勝手に)

一生懸命、楽しい時間を過ごして頂けるようなおもてなしをしたいと思う。それが自分の役割であり、自分自身が一番好きなことだから。

お客様は単に、モノ(商品)だけにお金を払っている訳ではない。

そこにあり、感じる全てを受け取って、「じゃあ買おう」と思ってくれるのだと思う。

幸せなお店って、販売員もお客様も一緒に、そこにいると胸が高鳴って、キュンキュンして、ワハハと笑って、安心して過ごせるお店の事だと思う。

そしてお店を後にすると、心が柔らかくなったり、暖かくなった変化に気付いて、

「やっぱり、私はココだなぁ(^^)」

と、感じてくれるお店の事だと思う。私はそういった人達に日々、支えられていると思う。

今日も”ありがとう”の気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする