商品をオーダーする時に考えてる事

コーディネートは一切考えていません。

私は商品をオーダーする時、「この商品とこの商品をコーディネートしたら、めっちゃ良いかも!!」と思って、オーダーすることはありません。

セットアップの商品だけは別ですが、通常のアイテムに関しては、オーダー時点からコーディネートをイメージすることはありません。

もっと言うと、季節感とか、アイテムの偏りとかも一切気にしていません。

当店をご利用頂くお客様だと時々、「え、シャツしか無いやん」「え、パンツしか無いやん」「え、ネイビーのアイテムばっかりやん」と言う時期がある事は、apartmentあるあるとして、定番だと思います。

当店に、何かのアイテム(細めのパンツがほしーな、とか)をイメージして、買いに来て頂いた場合、そのアイテムは無いかもしれません。逆に、当初買う予定では無かったものの、なんかイイ感じのモノが見つかって、それを買ってしまうと言うパターンも、apartmentあるあるとして、定番だと思います。

6坪のお店が出来ること

当店の面積は、約6坪(12畳くらい)です。

狭いと言えば狭いです。いや、めっちゃ狭いですよね。商品もギュウギュウにしているスタイルでも無いです。

だから、色んな事を捨てています。定食屋で言うと、唐揚げ定食しか無い状態のお店と言うか、その唐揚げ定食が、めっちゃ美味しかったら、まー良いかなと言うイメージです。

もう少し付け加えると、来ていただいた皆様全員に、当店の唐揚げ定食が美味しいと感じて頂くのは私の能力だとムリ!と考えています。

どうせご飯を食べるんだったら、apartment亭に行こうかな。あそこのオヤジ、元気かな、位に思って頂けるくらいで良いです。

でも、その裏では唐揚げの仕込みや味付けを研究し、来て頂けるお客様にいつ来て頂いても、「apartmentの唐揚げはやっぱ最高やな」と思って頂けるような準備をする。それが定食屋の使命だと思います。そんな定食屋に私はなりたい。

私はセレクトショップの仕入れの話をしたかったのですが、定食屋の話になってしまいました。

でもこれでなんとなく伝わったのでは無いかと思います。自分が得意じゃないメニューや、お味噌汁や付け合せの事はあまり考えていないと言う事です。それらも美味しい方が良いのは解っているのですが、私は唐揚げだけには、とても自信を持っています。

今日のお昼ごはん

自分は横から写真を撮られた方が可愛く映る事に気付き、ご満悦のいつものこの人とお昼ごはんに。

先日お越しいただいたDAKOTAのNさんも、「伊藤さん、ブログでいつも写っている定食屋、どこですか?今から行ってきます。」と。

みなさん突然ですけど、牡蠣好きですか?私は結構好きです。凄く食べたいのですが、こういう仕事(自営業)をしていると、なかなか突然仕事を休めないので、もし当たった時の事を考えると、ビビって食べられないんですよね。

唯一食べられる可能性があるのは12月30日(31日と元旦がお仕事お休み)なのですが、私は1年で一番正月の雰囲気が好きなので、それをリスクに晒すわけにはいけません。

貝類、めっちゃ好きなんですけどね。

今日も”ありがとう”の気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする