久しぶりにこの方と

最近何やら忙しいそうな隣の人と久しぶりにお昼ごはんを

今、お洋服屋さんは2018年の秋冬の仕入れをしています。

彼女は昨日に東京から帰り、興奮が冷めやらず、あまり眠れなかった様です。良い出会いもあったようで、何よりです。

私の方は、この秋冬はいつも通り、自分が着たいモノ、お客様にとって宝物に成りえるものを発注しています。

いつも通りです。

私の場合、好きなモノってあまり変わらないんですよね。凄く良いものでも、着る時に負荷が掛かりそうなモノは発注しません。(重い、どっかが突っ張る、ポケット位置が不便など)

ちょっとしたストレスは蓄積されて、それがある一定段階に達した時、その服は着なくなるんだと思います。

なので、可能な限り、デザインだけでなく、ストレスが掛からないと言う要素は、服の寿命を伸ばすと私は考えています。(着る回数も増えますし)

だからと言って、

「じゃー、全部スエットみたいな伸縮性がある素材で良いやん」

ってことにはなりません。今のデザイナーたち、凄いですから。色んな引き出し、持ってます。

洋服って面白くて、着やすかったり、デザインがカッコよかったりした上で、更にプラスαの『謎要素』があるのも魅力です。

その『謎要素』とは、「なんか知らんけど、よく着てしまう」と言う、この『なんか知らんけど』って言う要素の事です。

この何か知らんけどって言うのは、もう自分自身の感覚的な所で、毎回手に取ってしまう、言わば長年着慣れた部屋着の様なアイテム。(例えが変ですが)

男性の方であれば、何か知らんけど、いつも穿いてしまうデニムとか、何か知らんけど、いつも履いてしまう靴とか。

その『何か知らんけど、自分の近くにいつもある服』を、apartmentは提供していきたいなと思います。

この『何か知らんけど』と言う要素を、私はずっと研究してきたつもりなので、今日も何か知らんけど、ええ服をご提案していきたいと思います。

最近は、お客様の写真を撮り忘れるので、明日は積極的にお声がけさせて頂きますね~(*´ω`*)

今日もありがとうの気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする