愛される男

私はこの男ほど、モテる人間に会ったことがありません。どこに行っても、老若男女問わず、相手を虜にしてしまう謎の男。

彼の名は「清水くん」です。最近は地方のテレビ局にも取材されたり、ちょっとした時の人です。

このブログで彼のことは何度かご紹介してきたのですが、ちょっと詳しくご紹介します。

彼はもともと私の親友の後輩と言う間柄でした。初めて会ったときから「変な人だな~(褒め言葉)」と思ってました(笑)

彼と話す度に、どんどん引き込まれている自分がいました。もう、謎の生体なんですよね…

私は彼のことを「人間空気清浄機」だと思っています。彼がその空間にいるだけで、なんというか、得も言われぬ心地よさに包まれます。これは会った人じゃないとわからないと思いますが(^^)

そしてそんな人間空気清浄機、清水くんですが実はギネス記録保持者です。ウルトラマラソン100kmを下駄で完走するっていう謎の記録です。色々意味わからないでしょ?(笑) でもそのまま読み進めて下さい。

そんな彼ですが、昨日、こんな大会に参加されていました。

……

サハラマラソン!(謎www)

もちろん、普通に参加してきたのでは無く、今回は…

お遍路さん+下駄スタイル!

※愛媛新聞社さんの記事

↓サハラマラソンの公式チャンネル。40秒過ぎ位から清水君登場


因みに、サハラマラソンは砂漠地帯(モロッコ)を250km走破します。にひゃくごじゅっきろ!!サソリも出るよ!

そして彼は、大会特別賞も受賞しました…。なんなんでしょうか。

今日はそんな清水くんのお話で私が印象に残ったことを少しだけ書いてみたいと思います。

「これ、絶対に世界が平和になりますよ。」

彼は今回、上で述べた通り「お遍路+下駄スタイル」と言う、普通に走るだけでも大変なサハラマラソンに、謎の仕様を持ち込みました。

なのでスタート前から他の国々のランナーたちに、「oh!CRAZY!」的な目線で見られ、注目を浴びていたそうです。そりゃそーですよね。普通のランナーは可能な限り、軽量で機能的な装備でこのマラソンに挑む訳ですから。

レースは、各ランナーが一斉にスタートし、その日毎のゴール地点を目指すと言う感じなんだそうです。なので、早いランナーは早々にゴールし、テントを張って休んでいるそうです。

そんな中、お遍路+下駄スタイルの日本人が、猛然とその日のゴール地点へ掛けてくる。

すると、毎回歓声が湧くのだそうです。清水くんがその日のゴール地点に近づく度に、他のランナーや、運営の方々から、歓声が湧くのだそうです。

そして、ゴールすると出身国関係なく、みんなが清水くんに「グータッチ」しにくるのが、一つの流れになっていたそうです(笑)

その時、清水くんは「あ、これ、世界平和やな」と思ったのだそうです。

そんな彼は、昔から「マラソンがしたい!」とか、「生まれながらにして下駄職人の息子」とかではありません。

彼いわく「楽しく生きていこうと決めて、その時々に遭遇するワクワク感に従って生きています」と言っています。

なので、彼のその他の活動?生き様を見ていると本当に色んな人が彼を応援し、また良い意味で彼を面白がっていることがよく解ります。

私はそんな彼がとても羨ましく、またこうして定期的に話が出来ることが本当にありがたく思います。

↑お土産で頂いた、サハラの砂!サハラの砂は「チャレンジする者を助ける」という言い伝えがあるそうです!めっちゃ赤茶色です!こういうお土産、最高に嬉しいなぁ…(●´ω`●) ご希望の方には少しですがお裾分けしますのでお気軽にお声がけ下さい!

今日もありがとうの気持ちでいっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする